肺がんの格差は確かに世界的な負担であり…そして世界的な課題

ビビク・トマール

Vivek Tomar、患者研究提唱者、Rise To Survive Cancer、インド

IASLCのプレナリーセッション「肺がん治療の格差:世界的負担」でこのような重要なトピックを強く強調してくれたことに感謝します。 斬新な研究と患者支援の取り組みのおかげで、肺がんの管理、全体的な患者のケア、および一般的な病気の認識において大きな進歩がありました。 患者の寿命は以前の夢よりも長くなり、医療提供者は現在、一部の患者に対して、疾患の種類に応じて、さまざまな治療オプションを利用できます。 残念ながら、この進歩は世界のほんの数カ国に限られています。 非常に多くの国と何百万人もの患者が標的療法を利用できず(効果的な薬剤が存在するにもかかわらず)、患者が最新の治療を利用できる場合、これらの潜在的に命を救う治療はしばしば手が届きません。 さらに、一部の国では、肺がんの診断(分子プロファイリング)、最新の治療法、および臨床試験に関して、医療提供者と一般の人々の間で認識が大幅に不足しています。 世界のこれらの地域の患者にとって、診断後1年間でも、許容できる生活の質で肺がんと一緒に暮らすことは、依然として夢です。 肺がん治療におけるこのような残酷な格差を確実に克服することは、IASLCコミュニティの一員としての私たち一人一人の責任です。そうしないと、これらの不平等によって失われた多くの命の重荷で平和に暮らすことができなくなります。 私たちは皆、肺がん管理におけるアクセシビリティ、手頃な価格、公平性、認識、および教育を促進するために取り組む必要があります。